パウンド型で簡単!基本のスポンジケーキ(ジェノワーズ生地)レシピ

基本のスポンジ生地 ジェノワーズ レシピ パウンド型 共立てお菓子レシピ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

sara
sara

こんにちは、さらです^^
今回のレシピはケーキの基本!
「スポンジ生地(ジェノワーズ)」のご紹介です。

 

 

ケーキといえばショートケーキなんかを
想像する人も多いと思います

そんなケーキ作りの土台となるのは…

そう!スポンジ生地です
フランス語でジェノワーズともいいます

 

今回は全卵と砂糖を混ぜ合わせてつくる
「共立て法」のスポンジケーキの
作り方について紹介していきます

 

よくある丸型ではなく
パウンド型で作っていきますよ~

これさえできればアレンジし放題(*´艸`)
基本のスポンジ生地をマスターしましょう!

 

スポンサーリンク

【基本のスポンジケーキ】レシピ

スポンジ生地 ジェノワーズ パウンド型 レシピ

◎サイズ:20cmパウンド型1台分(テフロンセレクト パウンドケーキ型
◎所要時間:40分
◎難易度:★☆☆
 

【材料】

卵…2個
砂糖…60g
薄力粉…60g
◎バター…10g
◎牛乳…20g
◎バニラオイル…少々

 

【下準備】

・型にオーブンシートをしく
・卵は室温に出しておく
・薄力粉はふるっておく
・湯せん準備
・◎は合わせて湯せんにかける
・オーブンは170℃で予熱

 

【作り方】

★★★レシピ★★★

1.卵を湯せんにかける

ボウルに卵と砂糖を入れ、人肌の温度(34~36℃)になるまで湯せんにかける。
※指で触ってみてすこしぬるいかな? と感じるくらい

湯せんからおろし、高速のハンドミキサーで白っぽくもったりするまで泡立てる。

ハンドミキサーを持ち上げてみて、生地がとろりと落ち、「の」の字がかけるようになればOK。
低速でさらに1分混ぜて、生地のきめを整える。

スポンジ生地 ジェノワーズ パウンド型 レシピ

 

2.薄力粉を入れる

1に薄力粉を一気にいれ、ゴムベラで底から大きく混ぜる。

ゴムベラは右手で持ち、時計の8時の位置から12時の位置に向かってすくうように混ぜる。
左手でボウルを持ち、半時計周りに少しづつ回して全体を混ぜる。
(左利きの人は逆でやってね)



◎に生地をひとすくい入れ、よく混ぜてなじませてから生地のボウルに戻す。
20~30回底から大きく混ぜ、生地全体にツヤが出ればOK。

※そのままバターを流しいれるとバターが沈んでうまく混ざらなくなるので、必ず生地の一部と合わせて比重をそろえてから加えること

スポンジ生地 ジェノワーズ パウンド型 レシピ

 

3.型にいれて焼く

型に生地を流し入れて、10cmくらいの高さから台に2回落として空気を抜く。
170℃のオーブンで30~35分焼く。

スポンジ生地 ジェノワーズ パウンド型 レシピ

 

4.焼き上がり

焼けたら焼き縮み防止に型ごと台に落とし、型から外す。
網にのせて冷ます。
乾燥防止のために上に濡れふきんをかける。

 

冷めたらスライスして色々なケーキに使えますよ~。
もちろんそのまま食べてもふわふわでおいしいです。

【ポイント】
◆すぐに使わない場合は、ラップに包んで冷蔵庫で保管する

◆ジェノワーズは作ってから一晩おくとさらにしっとりして美味しい!

◆今回紹介した混ぜ方はいろいろなお菓子に使うので、ぜひマスターしてね( *´艸`)

 
 

 

【基本のスポンジケーキ】おわりに

 
sara
sara

最後まで見てくれてありがとうございました♪
Instagramもやってるので
よかったらフォローお願いします(*´艸`)
@sara_patissier

基本のスポンジケーキを使用したケーキはこちら↓

パウンド型で食べ切りサイズ~イチゴのショートケーキレシピ
sara こんにちは、さらです^^ 今回のレシピはパウンド型で食べ切りサイズ 「イチゴのショートケーキ」のご紹介です。 フランス語だとガトーフレーズともいう 定番なイチゴのショートケーキ ...

コメント