妊娠中にディズニーは大丈夫?37週の臨月に行ってきた結果

妊娠中のディズニー 臨月に行く際の注意点 ママライフ
スポンサーリンク

「妊娠中だけどディズニーに行きたい」
「妊娠中は遠出したらダメ?」
「妊婦はディズニーに行くべきじゃない?」

こんな悩みをもつ妊婦さんって非常に多いと思います。
今回はそんな妊娠中にディズニーに行ってきた私の体験談をお話していきます。

chama
chama

こんにちは、chamaです。

現在2児の母の私ですが、実は下の子を妊娠中にディズニーに遊びに行った経験があります。

この記事を見ている方は、妊娠中だけどディズニーに遊びに行きたいな。と思って検索してきてくれた方が多いと思います。

今回は私が妊娠中の臨月(37週目)に行ってきた様子を紹介します。
また実際に行って持って行った方がいいなと思ったアイテムなども紹介していきますね。

妊娠中のディズニーについて
もちろん非難する方もいると思いますが、何が起ころうと自己責任です。
行く場合は細心の注意をはらって遊びに行きましょう。
スポンサーリンク

妊娠中(臨月)にディズニーに行った理由

ディズニー 妊娠中 臨月

臨月にディズニーランドに遊びに行くのは決してほめられる行動ではないですよね?
では、なぜわざわざ私たちは妊娠中にディズニーへ行ったのか…?

3人で行く最後のディズニー

行った理由は3人(私・夫・息子)でのディズニーはこれが最後だからです。
そんなの産後に行けばいいじゃないという人もいますが、3人での思い出作りはこれが最後です。
息子の記憶には残らないかもしれませんが、行っておきたかったのです。

私がディズニーに行ってきたのは臨月に入ってからの37週目でした。
メンバーは夫と2歳の息子の3人。

お腹もだいぶ大きくなっていたので不安でしたが、赤ちゃんが生まれてからだとそれこそしばらくどこにも行けなくなるので決心しました。

私自身も臨月にディズニーに行くと言ったら止められるのは分かり切っていたので、病院や親には内緒でいきました。

ディズニーに行く前に決めたこと

行くと決まってから決めたことが何個かありました。

・当日の体調次第で中止
・無理はしないで休憩をはさみつつ遊ぶ
・閉園までいないで早めに帰る
・事前に当日のスケジュールを決めていく(乗るアトラクションなど)
・念のためまっすぐ病院に行ける準備をしていく

特に最後のは少し遠方に行くので急に体調が悪くなった時のことを想定しました。
最悪の事態を想定することで、何も準備がないよりは心の余裕が違います。

妊娠中のディズニーに行く時期

安定期に行くのがもちろん安全ですが、自分の体調次第ですね。
(安定期というのは決して安全な時期というわけではありません。)

暑い日や寒い日は思ったより体力を使うので避けた方が無難です。
特にディズニーは海が近いので思ったより冷え込みます。

また土日よりも平日がおすすめです。
土日は人混みがすごいですし、待ち時間もかなり長いので妊婦さんには結構辛いです。

ちなみに私は10月の平日に行ってきました。
ハロウィーン時期でしたが、気候も丁度良くて待ち時間も最大1時間の程でしたので良かったです。

おすすめは春、秋の平日。待ち時間の短い空いている時期。

妊婦が乗れるアトラクションとパーク内の過ごし方

ディズニー 妊娠中 臨月

ここからは妊娠中のディズニーパーク内での過ごし方について書いていきます。

パーク内は無理をしない

私はベンチで休んだり、食べ歩きしたり、座ってパレードを見たりととてもゆったり過ごしました。
今まではほぼ絶叫系のみのアトラクションに乗っていたので、こんな楽しみ方もいいかもなんて思ったり。

開園直後から行って、ファストパスをとりつつのんびりアトラクションを楽しむ。
その後夕ご飯をレストランで早めに済ませて19時前にはディズニーを後にしました。

おすすめはミートミッキー

妊娠中に乗れるアトラクションは限りがあるので、事前に調べて行った方がスムーズです。
乗れるアトラクションはディズニーのHPで見ることができます。
条件でアトラクションの絞り込み検索ができるので使いやすいです。

【公式】アトラクション | 東京ディズニーランド
東京ディズニーランドのアトラクションの施設情報、最新ニュースをご案内します。

基本的に妊娠中の方はジェットコースターとかの激しい乗り物は乗れないです。
以下の5つはディズニーランドが妊娠中の方に遠慮いただいてますと案内のあるものになります。

・ビッグサンダー・マウンテン
・スプラッシュ・マウンテン
・ガジェットのゴーコースター
・スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
・スペース・マウンテン

私は2歳のこどももいたので、家族みんなで乗れるものにのんびり並んで乗りました。
(2歳の子どもが乗れるものと妊婦が乗れるものがほぼ一緒でした。)

おすすめはアトラクションとはまた違いますが、ミッキーなどのキャラクターと写真を撮れるキャラクターグリーティングがおすすめです。
お腹の大きい写真を記念に残せるのでいい思い出になりますよ。

ミートミッキーはファストパスがないので、一番に行くのがおすすめです。

妊娠中ディズニーに行く際の持ち物

以下の6つはできるだけ忘れないようにしましょう。
最悪現地でも買えますが、上の2つは必須です!

・保険証
・母子手帳
・ブランケット
・バスタオル
・ナプキン
・シート

この辺は最低限持って行った方が安心です。

またディズニーは冷えるので、ブランケットなどの防寒を持って行きましょう。
妊婦さんは体を冷やしちゃいけません!

持ち物の下の3つはもし突然破水したときのためです。
シートはパレードを見るときにも使えるので持って行っておくと便利ですよ。

chama
chama

カバンに入るA3サイズで、簡単に組み立てられる折りたたみイス「パタットミニ」は大活躍でした。
妊婦さんは地べたに座るのはきついと思うので、待ち時間が辛いときやパレードの待ち時間にオススメです。

ゲストアシスタントカードの利用

ディズニーには病気や怪我で何らかのお手伝いが必要な方に、負担を軽減するためのサポートがあります。
それがこのゲストアシスタントカードというものになります。
妊娠は病人ではないですが、実はこのゲストアシスタントカードを使うことが出来ます。
妊婦さんだけでなく同伴者も使えるのが嬉しいポイントですね!(数に制限あり)

どこでもらえるの?

・メインストリートハウス
・ゲストリレーション

本人と同伴の方全員のパークチケットがあれば手続きが出来ます。
来園日が決まっている人ならば1か月前から事前予約も出来るのでおすすめです。
私は念のため予約しましたが、電話で簡単に予約できましたよ。
発行の際結構並んだりして時間がかかるので、サクサクッと取っちゃいましょう。

使い方は簡単

ゲストアシスタントカードってなに?
なんのメリットがあるの?って方もいるかもしれませんが、このカードとてもすごいんです!

アトラクションの所にいるキャストの方にカードとパスポートを提示します。

するとなんと、待ち時間の間は列でなく違う場所で待てるようになるんです!
一時間とか立ちっぱだとお腹が張ってきたり、疲れちゃいますよね
このカードを使えばベンチなどに座って待ってられるので、そんな心配なしになります。

カードに受け付け時間+アトラクションの待ち時間の予定時刻を書いてもらえるので、その時間に行くとファストパスや専用の入り口からいれてもらえます。

但し!あくまでもアトラクションの待ち時減らすためのものではないので、その間に他のアトラクションに乗ったりはやめましょう。
悪用する方がいるとこの制度が使えなくなってしまうかもしれません。

2019年仕様が変更になりました

恐れていた事態がおきました。

2019年1月からゲストアシスタンスカードの使用方法が変更になりました。
悪用する方が多かったのかもしれません。

変更点は同行者が列に並ばなければならなくなったことです。
なので妊娠中の方は今まで通り、休んでいてもいいので安心してください。

ディズニーのゲストアシスタンスカードが変更に!悪用多数でサービス使えなくなる?
以前、妊娠中のディズニーの利用記事を書かせていただきました。 もちろん妊娠中でのディズニーは賛否両論あるかと思います。 現にディズニーランド・ディズニーシー最寄りの舞浜にある総合病院では緊急搬送される方が後を絶たないそうです。 その辺...

ディズニー当日の流れと乗ったアトラクション

chama
chama

ここからは私たちの当日のディズニーパーク内の過ごし方です。

行く方は参考にしてみてください。

開園~アトラクション

妊娠中 ディズニー ミートミッキー

この日の開園は8時。
開園前に着くようにディズニーへ。

入園したらすぐにメインストリートハウスでゲストアシスタントカードゲットしました。
(だいたい10分くらい並びました。)

一番にミートミッキーへ。
既に45分待ちだったのでアシスタントカードを使いベンチで待ちます。
時間になりミッキーと一緒に家族写真撮影。
記念だからと有料のものも購入しました。

その後はアシスタンスカードやファストパスを使いつつアトラクションを楽しみました。

・プーさんのハニーハント
・カリブの海賊
・スティッチ(シーのタートルトーク的なやつ)
・ホーンテッドマンション
・ジャングルクルーズ
・バズライトイヤー
・モンスターズインク

子どもも乗れるゆるい乗り物を一緒に楽しみました。
平日で空いていたからか、あまり待つこともなくとてもスムーズでした。

お昼ご飯は休憩しつつ

お昼ご飯はアトラクションの合間にパレード見ながら休憩。
早めに夕食を食べる予定だったので、ベンチで軽く頂きました。
(チキンやチュロス、ポップコーンなどの軽食)

その後、トゥーンタウンの広場で息子を少し遊ばせることに。

夜ごはんは早めに

ディズニー 妊娠中 臨月

夕ご飯は早めの16時半ごろにレストランで食べることにしました。
息子の誕生日なので唯一ホールケーキがあるハートの女王のレストランにしました。
さすがにこの時間だと結構空いていました。
レストランを出た18時過ぎには大行列だったので、早めがおすすめです。

夕方に帰れば混まないからストレスフリー

軽くお土産を見つつ、18時半ごろにはディズニーを後にしました。
休憩をはさみつつのゆるい感じでしたが、妊娠中の割には乗りたかったアトラクションに乗れました。

妊婦が乗れるものと2歳の子どもが乗れるアトラクションがほぼ同じだったので良かったのかも。
残念ながら乗りたかったイッツアスモールワールドは改装中で乗れませんでした…。

やっぱり事前にある程度予定を決めておくと、ゆとりができていいかもしれません。
とはいえ妊婦さんなので無理のない程度のスケジュールでどうぞ。

遠方の場合はホテルに泊まるのがおすすめ

ディズニーって結構広いので、のんびりしているつもりでもいつも以上に歩いています。
遠方から来る場合は体のことを考えて、近隣のホテルを取るのがいいでしょう。

chama
chama

おすすめはもちろんパークから近いディズニーホテル!

最安値は大人1人1万円以下と以外に安く泊まれます。
出産前最後の思い出に贅沢しちゃうのもいいですね~。

 

東京ディズニーランド(R)ホテル
東京ディズニーランドの目の前に位置するホテルで、もし疲れても安心。

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
ディズニーシーの中にあるので、ホテルに帰ってからもシーの景色を楽しめます。

ディズニー近隣ホテル一覧
その他、近隣のホテル情報はこちら(JTB公式サイトのページに移動します。)

妊娠中のディズニーを考えている方へ

後からやっぱりあの時行けばよかったなんて後悔はしたくないですし、結果とても楽しいし良い思い出になったので良かったです。
でも行って良かった!で終われるのは何事もなかったからなんですよね。

ディズニーに行きたいという人を止める気はないですが、本当に気を付けてください。
全ては自己責任です。

今回のポイントまとめ

・事前にある程度のスケジュールをたてておく
・ディズニ―が混雑していない、体調が良いときに行く
・ファストパスとゲストアシスタンスカードを駆使しよう
・持ち物は最悪の事態も考えて入念にチェック
・とにかく楽しむ!
chama
chama

決して無理はせず楽しんで来てください。

 

初めてのディズニーデビューは2歳!おすすめアトラクションと持ち物
どうもchamaです。 私はディズニー大好きで学生の頃は毎月行ってました。笑 ただ妊娠してからは何かあったらどうしよう…とか心配していけず。 じゃあ産後!とか思っていましたが 産後は産後で大変すぎて無理! というか子どもは連れてい...

 

コメント

  1. 匿名希望 より:

    ディズニーリゾートのゲストアシスタンスカード(略:GAC)、私も理由があって毎回のように利用させて頂いています。最近ではそのカード、ブログなどを通じて広く知れ渡っているせいか、悪用や不正利用が増えているようですね。その結果、来年の(2019)年の1月からは、GACの発行の対象者と利用方法が、発行場所が大幅に変更になります。障害者手帳(勿論これが最優先)の有無によって、キャストさんの対応方法が異なるようです。当然それによって、本人(障害者手帳所有者)以外は、今までは同行者(原則3名まで)もGACを使っての待ち時間の間に、別の場所で待機出来ましたが、変更後は当然、本人以外はそれが出来なくなります。とても残念な話ですね。

    • chama chama より:

      匿名希望様 コメントありがとうございます。
      悪用される方々によって、きちんとした理由で利用している方の利用が変更になるのは大変残念ですね。
      今後も本人は利用出来るということなので妊娠されている方が休めるのはまだ良かったです。(1人で待機も不安ですが。)

      この変更を機に悪用する方がいなくなるといいです。

      • 匿名希望 より:

        こちらこそコメントを有難うございます。またGACカードの新制度への変更に対する、ご理解とご協力を頂き、何よりも感謝です。新制度に変更後は、今までと違って、障害者手帳がない方の(新制度に変更後は、白色のGAC所有者となり、勿論妊婦さんや高齢者も、こちらに該当します。)GACの事前予約が出来なくなることや、GAC発行可能場所が、「各アトラクションのみ」で、しかもファストパス同様で、アトラクション利用ごとに、係員によるカードの回収があるっていうのが、残念ですよね。
        また新制度に変更後は、障害者手帳の有無に関係がなく、今までと違って、「GACの連続日使用が出来なくなります(当日限り有効)」よ。ルールが守られないと、もう対象者ですら、現在のところは、運営側より許可されている、「GACを使っての、他にカードが使えるところ以外の、別の好きな場所で過ごすことが出来なくなる(いわゆる別に、スタッフさんが指定した場所でのみ、待機が可能)」っていうことも十分に考えられるので、これに限らずですが、最低限ルールはきちんと守りたいものですね。